FC2ブログ
ぶるぅあいずの裏拠点
ためしに作った裏拠点
私の分身
常々「白夜ちゃんは私の分身!」と言ってきましたが、
今回はそのことについて面白い気付きがあったので、お話します。

前々からやってきたキャラたちの分析が進んできて、
「この子がこんな考え方になったのは何故?」
という深いところに入り、彼女たちなりの答えが出てきて、
キャラたちに命が吹き込まれていくのが分かるのです。
そして、出来上がったキャラの心を覗いてみて、思ったことがあるのです。
「この子も、私の分身だったんだ・・・」

どうやら白夜ちゃんだけでなく、
要になるキャラの殆どが、私の一部を切り取った写し身のようです。
「優等生」、「劣等生」、「好き」、「恨み」、「責任感」、「二面性」、「寡黙」、
「過去」、そして「未来」・・・みんな、私の分身だったんです。

昔から、白夜ちゃんは私の分身!という考えがありました。
それは今も変わっていませんし、上記の分析を行った上でなお、
白夜ちゃんは私に一番近い子だと思っています。
ですが、まさか他の子たちもそんな傾向があったなんて、
こうやってキャラの分析をするまで分かりませんでした。
この子たちは生きている。それを改めて知ることができました。

今日は私にとって、もうひとつの一年の計となる特別な日。
そんな日にもう一度、自分のキャラと出会い直せたような気分です。
この子たちも私と一緒に成長し、いつかこの子たちが遠く離れても、
しっかり愛されるキャラたちになってくれる・・・それが私の願いです。

そして、その日がくるまでは私も足を止めることなく、
この子たちを送り出す準備と研鑚を続けたいものです・・・


スポンサーサイト



2ndミストの進捗 あともう少し・・・
最近久しぶりに2ndミストを触ってますが
実はかなりいい感じのところまできてます。

新しく作ったすべての技の組み込みと、
ダメージ再調整をすべて終えて、
あとはAIの最終調整というところです。
ただ・・・更新前の2ndミストと大きく性能が変わってるというか、
ただ変わったんじゃなくて、得意/苦手の相性関係が
旧2ndミストと全くの別物に変わってしまっているような・・・


昔の2ndミストが強すぎたからこうなっていて、
実はこの強さこそが適正だったのか、
それとも今の調整では弱くしすぎているのか、
ちょっと判断しかねている状態です。
おそらく仮公開となるでしょうが、新型の2ndミストは
早ければ今週中にも公開できると思うので、
もうしばらくだけお待ちください。

その後には・・・ふふふ




キャラの心理分析
「ああ、私ってこの子たちのことを何も知らなかったのか」
ってなりました。割と本気で。

最近、自分のキャラの設定をさらに固めるために、
自キャラの深めの心情分析、歴史研究を行っています。
というのも、ボス学の研究結果を一旦アウトプットする方針にして、
実際にストーリーへの反映を始めていたのですが、
「キャラ分析はボス以外にも適用したほうがいいなぁ」
と思って、いろんなキャラの分析を始めています。

「この子ってどんな子?」「白夜と会う前に何があったの?」
「どんな考え方をするんだろう?」「この子の中心軸は何?」
「白夜と会ったきっかけは?」「白夜への思いは?」・・・

こんな風に、自分のキャラ数名との対話を行ったところ、
その対象になったキャラが一斉に勝手に動き始めました。

これまで、勝手に動き出したことがあるキャラは白夜とミストの2名のみで、
徹底的に深堀したキャラのみが達する境地だ、と思っていました、
ですが、ここに来てその現象が一斉に起こったということは・・・
キャラ達との対話がまるで足りていなかったのでしょう。
そして、登場キャラ全員にこの現象が起こるまで研究すれば、
この作品が失敗することなどあり得ない
、と強い確信を得られました。
このストーリーを作っているのは私じゃなく、この子たちだと実感しました。

分析が完了したキャラはまだ少数で、言うならまだ前半戦です。
これが一区切りついた時、作品がどうなるのかが本当に楽しみです。
願わくば、それが完了した後に何らかの形で公開できればいいのですが・・・



・・・ところで、
こういうテーマを記事にするとどうしても文字だらけになってしまいますが、
キャラ分析の際に作った資料もここに乗せた方がいいんでしょうかね・・・?


【MUGEN】 四神陣取り外伝【廻り双六】Part.17
パートナー回もラスト。白夜ちゃんの貢献度やいかに・・・



[READ MORE...]
スマートウォッチの隠された機能
膝の故障によって自転車が封じられてしまった私ですが、
もうそろそろ解禁の時が近づいてきています。
そしてなんですが、なんとなくスマートウォッチを触ってたところ、
なんと、今まで無理だと思っていたナビ機能が追加されました。

勿論これは単体で動くものではなく、スマホでのマップナビの情報を
スマートウォッチの地図に転送して連動させる、という形です。
前々から欲しかった地図つきのサイコンの役割を
スマートウォッチが代用してくれる、それにようやく気付きました。
自転車用ではないので多少汎用性は下がりますが、
これで念願のナビ付きサイコンデビューです・・・!

今は膝の故障もあいまって、解禁されても長距離は走れないと思いますが、
これで復活後の楽しみがまた一つ増えました、
願わくば、また基礎体力をつけるべく頑張りたいものです・・・


ボス学
最近ちょっと体力が弱り気味なのと、
キャラのストーリー作成が捗ってきたのとで、
これまで影響を受けた過去の作品を読みなおしてたりします。

目的は一つ「ボス学」(仮称)を学ぶためです。

実のところ、ストーリーの顛末についてどうしても悩んでるところがあります。
「この設定、本当に矛盾してないかな?行動原理として間違ってない?」とか、
「この子、これで本当に攻撃を仕掛けるような気になれるのかな?」とか、
そういうのを見直していくにあたり、
「そういえば、自分が好きな作品の歴代ボスは
どんな理由と背景で主人公と戦うことになったんだ?」

今更ながら結構重要な疑問がわき出てきて、
これまで私が影響を受けてきた作品をずーっと読み返してます。

これがまた、面白いんですよね。
当時ならサラっと流してた展開から、新たな側面が見えてきたり、
当時は一切疑問に思わなかった矛盾、設定の穴を見つけてしまったり、
「こんなところにも伏線が・・・あるッ!!!」的な発見があったり・・・
周回制のゲームの2周目でようやく世界の全貌を知るようで、
なかなか楽しく学べています。

そして、いくつか見返してきてようやく分かったのですが、
どうやら物語のボス戦にはいくつかの法則や共通点があるようです。
具体的な言及はここでは避けますが、もしこの仮説が正しければ、
私が今作成中のキャラストーリーはもっと面白くなるでしょう。
キャラの心理ももっと説得力を増したものになるでしょう。
この仮説を確かめるべく、もうしばらくボス学の勉強を続けてみます。

こうやって、楽しく学べるのは本当にありがたい限りですね。
こんな風に、全ての事柄を楽しんで学ぶことができれば・・・




プロフィール

青眼

Author:青眼
主にMUGENキャラの製作をやってますが、オリキャラの 絵やデザインやってたりする変態です。うちの娘ハヤらせるぞー

言い忘れてましたけどリンクフリーです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR