ぶるぅあいずの裏拠点
ためしに作った裏拠点
昨年からの私のリアルが壊滅した本当の理由
ここ一年ほど、私は事あるごとに弱音を凝縮したような記事を、
何度もここに書き続けてきたと思います。
トドメに大会結果が振るわなかったのを受け、リアル環境と重ねて
前回の記事を書くに至った、というのもあります。

しかし、そんな記事を何度も書き続けていながら、私はまだ、皆さんに
私のリアルが崩壊した「本当の理由」をお伝えしたことがありません。
大丈夫だから、どうにかして来年を迎えるんだと、あえて隠してきましたが、
そうも言ってられなくなったので、今ここに・・・その「本当の理由」と、
今私が置かれている状況を、みなさんにお伝えしようと思います。






旧ブログも含め、私のブログを見ていただいている人であれば
分かっている方もおられると思いますが、私は現在、
今月を以って大学を卒業するはずだった大学4年生にあたります。
それまでの単位を全て取り切り、あとは卒業だけ、というところまで来て、
そうして昨年を迎えました。
理系大学のため4年には研究室が存在し、ちょうど1年前の今日、3/10に、
とある有機系研究室に配属されました。
しかし、私の趣味を全否定する体育会系なメンバーたち、長時間の拘束、
強制イベント・・・と、俗に言うブラック研究室だった上に、
私の性格とは正反対の場所でした。
さらに、自ら選んだ研究室だったのにも関わらず、私には殆ど興味のない
テーマだったことが分かり、しかも、研究室見学を軽く見ていたことで
第一志望でここを選んでしまった自責と後悔も圧し掛かり、
初日から絶望感あふれる状態で研究室生活が、ひいては
大学最後の1年がスタートしました。

この急激な環境の変化により精神状態が悪化し、
最初数日間は研究室で毎日泣き通しだったのを覚えています。
それでもなんとかやってきましたが、2ndミストの製作は全く進まず、
研究室の人間関係は崩壊、研究室内の誰も信頼できない事態に。
サークルには心から信頼できる友人がいましたが、
研究室ごとに環境があまりにも違う事実を知ったことと、サークルが終わると
また次の日がやってくるということからくる苦しさが勝り、
サークルに通っていても日に日に精神力は削られていきました。
そして7月くらいにとうとう限界が来て、ついに学校から失踪・・・
8月ごろは2ndミストの製作が進んでいましたが・・・実はその裏では
学校から失踪してたから去年までと変わらず作業を続行できていた、
という事情があったのです。
そして10月にもう一度復活し、学校卒業に向けてと頑張っていましたが、
限界まで心をすっきりさせてから挑んだにもかかわらず、同じような理由で
11月末にまたしても精神的に限界がきて失踪してしまいました・・・
そしてそのまま復帰することができず、辿り着いた結末は・・・



留年。



実はすでに大学院への進学が決まっていまして、
卒研さえやりきれば卒業、進学が約束されていたのですが、
結局、進学内定者が留年するという異常事態に。
研究室選びの重要さを知らなかったこと、
研究室見学で研究内容を見定められなかったこと、
この程度でくじけてしまう私の甘さ、
最後までやり通すことすら出来ない私の弱さとニート根性・・・
・・・などなど、結局はすべて私が悪いのですが・・・
年が明けてからは、来年の過ごし方の対策を考えたり、
せめてもと思って絵やドット作業を進めたりしていました、
ラグナの絵やバレンタイン絵も実はこの期間に完成させたものです。
また、11月に限界が来た原因の一つ、読み上げて発表しなければならない
英語論文を、来年の発表会のときに備えて今のうちに読んでみたり・・・

来月・・・4月にもう一度だけ復活しようと思っているのですが、
今の研究室の状態、信頼関係が崩壊したメンバー、
既に2度失敗した前科・・・そして、3年の時までのような
楽しい生活がもう、それこそ定年まで2度と訪れないという絶望感と、
来年のみならず、「就職も到底できはしない・・・!」という将来への絶望から、
私の精神力はいよいよ限界に達しようとしているのです。
親からも「さっさと退学しろ」と言われ続け、
ここ数ヶ月も恥ずかしながら泣き通しだったり・・・

就職したとしても、今まで普段の製作の空白を埋めていた長期休暇は
生涯にわたり二度となく、会社が研究室以上につらい場所であるのなら、
私の全ての製作活動が永久凍結となるかもしれません。
無論私は凍結などということは断じてしたくはありませんが、
夏休みと春休みを1度ずつ使って全力を注いでもなお
2ndベルを仕上げられなかったので、それよりも手を焼くであろう2ndミストは
もう完成させるのは不可能ではないのかと思ってしまいます。

今と将来への、死にたくなるような途方もない絶望感と、
うちの娘を世に送り届けるまでは死ぬに死ねないという、
製作者としての意地が、私の中でせめぎあっています・・・
そして、この先どうするかを必死に考え続けながら、
カウンセリングを受けたり、心療内科への受診を続けている・・・
それが、今の私の本当の状況です。



ここまで書いてなんですが、こんなことを書いてみなさんに打ち明けても
私の状況が変わるわけではありませんし、私にとっても皆さんにとっても
意味がなく、聞いたところでどうしようもない話なのかも知れません。
しかし・・・みなさんに今の状況を隠したまま、あのような記事を
垂れ流し続けるのは、皆さんにも申し訳ないと思い、
せめてもということで、この記事を書くにいたりました。

非常に長くなり、また重い話で申し訳ありません。
これからも、私のキャラ製作とこれからの生活・・・ひいては、
将来の私の同人活動を、どうか見守っていてください。
私も、皆さんからの応援を胸に、笑顔を取り戻せるその日が来ることを、
絶望の果てから・・・楽しみに待っています。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/03/11 12:12] | # [ 編集]


自分はあなたの作るキャラが大好きです。応援してるキャラの製作者が辛い思いをしてるのは悲しいです。2ndミストは楽しみでしたけど、無理はなさらないでください。頑張ってください。
[2015/03/14 00:29] URL | #ycRVEX8Q [ 編集]


私もミストや白夜等、青眼さんのキャラはとても気に入っています
こうしてコメントを残すことしか私にはできませんが、決して無理はなさらずに
少しずつでも確実に事態が良くなる様祈っています
[2015/03/17 07:44] URL | 名無し #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/03/17 21:42] | # [ 編集]


私の考え方ですが
せっかくここまで金かけてやってきたんだからどうせなら卒業だけはしとけばお得だな
と私は考えます
"心"は全ての起点ですし氏自身が大学に精神を削ってまでいる価値が無いと考えるならいっそ退学するのも選択肢です
自分の選択肢がどれだけあるか、探してみるのも一興ですよ
[2015/03/20 00:55] URL | #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/04/01 03:11] | # [ 編集]

Re:
みなさん、本当にありがとうございます。
心配してくれる人がこれだけたくさんいる・・・それ自体が本当に幸せなことだと思います。
製作を心待ちにしてくれている人も大勢いて、感謝の気持ちでいっぱいです。
今の心境を話すと、前の記事みたいに長くなるので、また近々記事にしようと思います。
まずは、心を元に戻すことを最優先に・・・

みなさんに心配をおかけして申し訳ありません、そして、ありがとうございます。

[2015/04/01 22:31] URL | 青眼 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/05/10 23:26] | # [ 編集]

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
逃げたことは気にするな、ですか・・・しかし、仮に正解だったとしても、
いずれ、しかも近いうちにまた戻らないといけないのが問題です。
私としては、心をなんとか癒しながら、なんとか復活のタイミングを待っていますが、
どうすればいいものか考えあぐねています。

友人を逃げ場にすると逆効果ですか・・・依存してしまうということ、今の私なら
なんとなく分かる気がします。
ありがとうございます、なんとか、これからもやっていければいいのですが・・・
[2015/05/11 01:32] URL | 青眼 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://blueeyes37.blog.fc2.com/tb.php/108-667c96a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

青眼

Author:青眼
主にMUGENキャラの製作をやってますが、オリキャラの 絵やデザインやってたりする変態です。うちの娘ハヤらせるぞー

言い忘れてましたけどリンクフリーです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR