ぶるぅあいずの裏拠点
ためしに作った裏拠点
【MUGEN】新世代台パン入門ランセレバトル2015-2016 PART17
1パートで3回も出てくるとは流石に聞いてないんですがそれは・・・(震)


[READ MORE...]
まさかの(
えー、昨日うpったバレンタイン絵なんですが、2/14時点での
R18男子に人気ランキングで205位にランクインしたみたいです。

http://www.pixiv.net/ranking.php?mode=male_r18&date=20160214&p=5#205

実は去年もランクインしてたんですが(去年は204位)、
今年もまたランクインするとは思ってなかったのでびっくりでした。
今年はブクマ数もかなり多いみたいで、なかなか好評な模様です。
見ていただいた方、本当にありがとうございました!

・・・そして、次に控えるホワイトデー計画、2ndミスト作成の続き、
前に某所で聞いて描くことになった非MUGENのオリキャラを描く計画、
2nd白夜シフト計画の始動、うちの娘小説企画など、
ここしばらくはやりたいことだらけです。
リアル状況が破滅寸前なのは相変わらずですが、
毎日に目的があるというのは本当に楽しいものですね。。。

そんなこんなでこれからもがんばって行きますので、
応援よろしくお願いします!




年☆末
今年ももう終わりですね。

製作の方ですが、2ndミストの修正点をいくつか見つけたので、
その修正をしつつ、動画を次々に録っているところです。
今は紹介用の動画パーツを全て録り終わって、今から
戦闘シーンを随時って感じです。
今年はいろいろな面で破滅的な状況になりましたが、
なんとか2ndミストを完成に持っていくことができました。
やることはやった、そんな感じの1年でした。

でもまだやるべきことは多いです。
他のキャラの更新/復活作業も含め、
来年にやり残してしまったことも多いので、
来年はその穴埋めもするとともに、
2ndI/B/Cミストの作成や2nd白夜シフト計画など、
新たな計画もそろそろ実行に移していこうと思います。



とりあえず、今年も多数の応援ありがとうございました。
来年も私のやれる限り全力で製作をしていこうと思います。
来年も、このひ弱でさみしがりな私のことをどうか
よろしくお願いいたします。

でわでわ。よいお年をー
最高のキャラ、最高の舞台
なんなんでしょうね。。。

私はもうかれこれ7年にわたりキャラを作り続け、またキャラをリメイクしたり
設定変更を繰り返してきました。
これ以上キャラ案がなかなか出てこないので、今は旧キャラのリメイクや、
今あるキャラの設定変更、そしてストーリー構築などに手を回しています。
(もちろんMUGEN作業とは別の話ですが)
そして、そうやってるうちに、ふと思ったことがあるんです。それは
「究極のキャラとは何か」ということ。。。

現在のキャラ数は欠番を除くと約27体。
これだけいると、やはり私の中でもお気に入り指数に格差が出ます。
アクセスカウンターの娘たちや、重要設定を握るキャラなど、お気に入り指数の
高いキャラはたくさん居ますが、その中でも飛びぬけて高いのが、おなじみの
白夜、ベル、ミストの3体。
しかしこの3体もまた、お気に入りのベクトルが異なっています。

白夜は私が始めて生み出したキャラで、一番古い付き合いになります。
お気に入り要素が大量にあり、また主人公ポジションを持っているので、
そういう意味での思い入れが一番強いのはこの娘だと断言できます。

一方でミストは、数あるキャラの中でもインスパイアを受けたキャラの
母体数が最も多いキャラで、私が今までで最も強くインスパイアを
受けたキャラ2体を素体として、それ以降もにインスパイアを受けた要素を
次々に吸収し続けたキャラ。かつて感動した要素を最も多く持っているため、
私の思う理想に最も近いキャラが、ミストなのかも知れません。

ベルはまた異なった経緯を持ち、昔に散々手を焼いたキャラでもあります。
しかしそれでいて私はこのキャラを捨てずにここまで来ました。
ストーリーの設定上でも、さまざまなキャラを繋ぐ超重要キャラ。
この娘が生き残れたのは私の執念の結果。だからこそ、このキャラは
今でもMUGEN内で活躍し続けてくれている・・・ということなのでしょう。



しかし、そうであるが故にどうしても心に引っかかることがあります。それは、
「私はおそらく、インスパイアを受けた元のキャラにはどうやっても勝てない」
ということです。自キャラを見すぎてしまったのもあるのでしょうけど、
元のキャラを見ると、どうしても心の高鳴りが抑えられないんです。
他の人に描いて頂いた自キャラ絵を見たときにですらも起こらないほどの
強い拍動・・・これが私にはどうしても分からないんです。
私は究極を目指してその要素を自キャラに吸収させて、
より究極に近くなるようにキャラを作ってきたはずなのに、
今までのどの手法を用いてもインスパイア元のキャラを超えられないんです。
あくまで私視線でそう思うだけで、もしかすれば他の方の視線では
私のキャラの方を気に入ってくれるかもしれません。しかしこれは
自キャラという視線を持ってしまった私には想像すらつかない地平・・・
なので、実際どうなのかが分からず、高鳴る鼓動という事実に頭を抱えています。




どうなのでしょうか・・・私のキャラたちを世間に向けて大々的に発信する、
そのような機会が、果たして将来に訪れるのでしょうか・・・
もし訪れたとしても、殆どの人の眼に触れられずに終わる可能性が高く、
彼らと同じ土俵で戦うこと自体が生涯叶わないかもしれません。
しかし、私は絶対に勝負もせずに終わりたくない・・・
可能性を夢のまま大事に眠らせるのではなく、夢を砕かれるのを恐れずに、
可能性を使って、私の命を賭けてでも勝負に出たいものです。
しかし相手は、それぞれが単独もしくは少人数とはいえ、何万という
猛者たちの軍団・・・私はその戦いを少しでも有利にするために、
MUGENという媒体を使い、私の名を広めようとしてきました。
結果は散々なものでしたが、ミストと白夜ががんばってくれたおかげで、
本当にごくわずかですが、私のファンができたことは紛れもない事実。
将来、同人界からスタートして、その間に私とともに戦ってくれる相棒が現れ、
サークルチームとしてその形を成す日が来るかもしれません。
そして、小説界か漫画界かアニメ界か・・・そのいずれかに勝負を挑む機会を
得るときがくるかもしれません。
私としては何としてもそこまで辿り着きたいですが・・・同じ考えを持つ方々は
前述のとおり何万と存在します。
その中で私がどこまでやれる存在なのか・・・



私が追い求めてきた理想が、その行動が果たして正しかったのか否か、
それを確かめられる日がやってくることを心から待ちわびるばかりです。

望まれない存在
私という存在は、本当にこの世に必要なのだろうか・・・

IRCチャットからも村八分にされ、
スカイプ会議でも人権はなく、
もはやこの界隈にも私が頼れる人はもういない・・・
私の安住の地が、またひとつ、消える。

研究室からも私の名前が消され、
存在自体が抹消されていたことにようやく気づく。
研究室の人と偶然すれ違っても、
至近距離で顔があっても、無視される。
毎日、学校の一番高い場所に上り、風景を眺めては
ひたすらに涙を流し続けるだけの日々。

家でも、研究室に行くことこそ至上であり、
金の無駄だからいつでも退学させる準備は出来ているという・・・
相談して現状が明らかになると即座に退学。
家族にさえ相談できず、そもそも家族に研究室のことを
聞かれるのではないかと毎日家でもおびえて過ごす毎日。

仮に卒業できたとしても、今以上につらい社会人生活。
私にはもう、今以上に幸せなときはもう来ない。

製作物も、最弱らくがきとか、不名誉な知名度のみが膨れ上がり、
私にプラスになった結果は殆どない・・・

私・・・この世に存在する意味があるのかなぁ・・・

今まで、私が作り上げてきた私のキャラのストーリーをこの世に残し、
キャラたちをこの世に送り出さない限り死ぬわけには行かないと思っていたけれど・・・



そんなもの、本当は誰も望んでいないのでは・・・?



http://www.pideo.net/video/xuite/b8460318c8922fcf/



私に春風は・・・吹いてくれるのだろうか・・・



プロフィール

青眼

Author:青眼
主にMUGENキャラの製作をやってますが、オリキャラの 絵やデザインやってたりする変態です。うちの娘ハヤらせるぞー

言い忘れてましたけどリンクフリーです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR